パンの正式な食べ方とは

表参道のフレンチレストランではパンが運ばれますが、運ばれてきたらいきなりガツガツ食べていませんか。ガツガツとかじりついて食べると美しくなく、食事をする相手に不快な思いをさせます。美しい食べ方とはどんなものでしょうか。かじっていいパンはサンドイッチとカリカリのトーストです。それ以外のパンは一口大に手でちぎって食べます。バターは一口ずつちぎったパンにうっすらとつけます。バターをべったりとのせないように。バターを塗るのに使ったナイフは、一口ごとにパン皿の上に刃を自分側にして横に倒して置きます。パンをちぎったら、大きい方のパンはパン皿に置きます。

片手に持ったまま食べるのは下品とみなされます。一口ごとにお皿に置きましょう。ちぎったパンを食べる手は右手、左手どちらでも構いません。左手の方が使い慣れていないのでエレガントに見えるという説もあります。

ソースをパンにつけて食べてもよいですが、つけるときはフォークに刺してソースをサラッとつけて食べます。表参道のフレンチでマナーを守ると美しい食べ方ができます。